|会社案内  |取扱い商品 |取付事例  |1972VW TYPE1  |問い合わせ  

カドロン / EMPI / SOLEX 44 EIS デュアルキャブレター・デュアルポート

ビッグボアKIT:MAHLE/フォージ(鍛造) 90.5mm x 69mm:1775cc
ハイカム:C-35(LIFT 0.381inch / DURATION 285°)
上記内容によるマッチング


カドロンキャブ解体アウターベンチューリ交換エアークリーナー&ファンネルシンクロナイザー

エアージェットの怪 加速ポンプの謎

加速ポンプ 加工

カドロンSOLEXの加速ポンプについて情報を集めてみました

その中の ある一つの情報です
以下 ZEALの個人見解です!

通常 工場出荷時(ユーザーが手に取る時) 加速ポンプのノズル口はキャブ本体から わずかに離れて 並行に移動していき 
インナーベンチューリに近い横に降りてき インナーベンチューリの中間ぐらいの位置に配してます
その位置では 2500回転くらいの負圧で
”Kad-drip”(KadronDrip)という現象が起こる事がある様です
ZEALなりに要約すれば ”カドロン特有の 滴 したたり現象”となります
ZEALの場合も加速ポンプの吐出ストロークを大きくとると(黒ナットを締込)ポタポタと落ちる現象が見られました
今迄 加速ポンプの効かせすぎ かと思っていましたが どうやら違うようです
構造上の問題で 解消するには、圧入されているノズルを壊さないよう 引き抜いて(チェックボールが入っているので無くさないように!)
熱を加えて クラックが入らないよう インナーベンチューリ開口部の上にノズル口が来るよう 曲げて位置修正が必要になります
高さだけ変えてもスロットルバルブに燃料を掛けていては意味がありません
燃料の落とすポイントは アウターベンチューリとスロットルの隙間のギリギリを狙います
そうすると奥まで瞬時に落ちていきます
マニーホールドで気化して吸い込む と言う事のようです
実際 試して見ました
「ポタポタ」 は無くなりました   これが原因だったのか? 「ポタポタ」が止んだのは確かな事

  バーナーで熱を加えて 慎重に曲げます
ノズルから吐き出される燃料は スロットルバルブの開いた隙間から
マニーフォールドに落とします

※ノズルの加工に伴い破損が生じた場合 ZEALは保証を負いません!
又 必ずしも不調が解消されるとは限りません
自己の責任において行ってください










Copyright(C)2017.All right reserved by ZEAL