カドロン / EMPI / SOLEX 44 EIS デュアルキャブレター・デュアルポート

ビッグボアKIT:MAHLE/フォージ(鍛造) 90.5mm x 69mm:1775cc
ハイカム:C-35(LIFT 0.381inch / DURATION 285°)
上記内容によるマッチング

カドロンキャブ解体アウターベンチューリ考察エアークリーナー&ファンネルシンクロナイザー

エアージェットの怪

エアークリーナー&ファンネル

ツインキャブ化にあたり排気量を考慮し調整が簡単と言われるカドロンを選びました
購入は FLAT4です
全く気にせず通常付属するエアークリーナーを使用していました
あるタイミングでアクアガラージュとお話しし 「ファンネル無いのですか?」と言う事になりました
そこから 考察です
ファンネルは空気の整流効果をあげるもので ベル状にする事により周辺空気をたっぷり吸う働きがあります
ファンネルの長さは シリンダーからの距離が関係し 短いと高回転向き 長いと低速トルク向きであるようだ
ようは空気をため込む容量の違いらしい

ファンネル

ファンネルはWeberの様に種類がありません
ですのでEMPI製のモノを取り付けます
●付けた感覚は 高回転が伸び 回るようになった感じがします(実際計測結果を出したものではありません)
●アクセルを踏み込むとアルミ製のファンネルに共鳴する 吸気音がします(空気を吸っている事が耳でわかります)
●ゴミが入らない様にネットをかけてやる必要がある(埃はあきらめるしかない)
●雨が降るとフードを開けられない(直にキャブ内に入りそうです)


結局のところEMPI製ファンネルはこの1種類しか
手に入りませんでした


保護フイルターが無いので作ります
お玉を加工しました

完成です


雨・ゴミ入り放題 日常には向きませんね

エアークリーナー+ファンネル

エアークリーナーというのは空気をキレイにする働きがあるが
空気を吸いやすくするものでは無い
ファンネルというのは空気の整流をおこなう効果が期待できる
この二つの要因は当たり前だが 見落としがちです
「エアークリーナー内部にもファンネルが必要だ」 AGに指摘されたものの 国内流通されておらず 自作する事に
最近では 「VINTAGE SPEED」がカドロン用のKITを出したようです


EMPIクリーナーには全く付く感じは ありません 
はじめから挑戦する気が湧きません
 
今回利用するのは FLAT4の
エアークリーナーです
 
カットして伸ばしてます
 サイズを計り うまく収まる様に加工します

ファンネルもカットして収まるようにしています
ファンネルとベースは止めようがなかったので
シリコン系ボンドで固定しています


イメージ通りです
 
見た目は何も変わりませんが
吸気効率はUPしています
アクセルを踏み込むと
心地よい吸気音が聞こえます
今回 エアークリーナーを考察した結果
クリーナーを単体で着けると吸気面がフラットで
効率としては悪い事がわかります 

EMPIクリーナーの場合 少しでも吸気率を高める為センターに配しているボルトを浮かして付ける簡易的方法があるようだが 根本的には 解決に至らない
参考動画 Kaddie Shack Tech TV

FLAT4のものに至っても吸気面は同様である

AGの見解には毎回 頭が下がります

「普通の事を普通にすれば良い」
「供給されている物が全てパーフェクトとは言えない」

カドロンキャブも徐々に煮詰まってきました