|会社案内  |取扱い商品 |取付事例  |1972VW TYPE1  |問い合わせ  

後付けクーラー

当車はもともと シングルキャブで 1980年代に販売されていた 日本製 ユニクラ社の R12ガス クーラーシステム(アンダーダッシュタイプ)
を 取り付けていました
現在 カドロンSOLEXツインキャブですが ツインキャブ化にする際 R134aガス仕様に変更しようと考えました
ビートル用としてのクーラーKITは 某社から販売されているのですが アンダーダッシュの吹き出し口を再使用したかったので
R12とR134aの整合性・フィッティングの変換が 全く解らず 「どうすれば良いのか?」 
近隣の電装ショップ 整備工場に足を運びましたが 受けて頂けるショップは見つかりませんでした

その中 「アクアガラージュ」に出会いました
”エンジンが調子よく動いている” が条件でした

後付けクーラーを施工するという事は エンジンに 新しく負荷が加わるパーツを取り付ける事であると
教えて頂きました

エンジンを整えながら 負荷のかかる クーラーの取り付けが始まりました

R12ガスシステム / ユニクラ製 

「何をどう変更するか -現状把握ー」
R12ガス時の配管 現状確認

当時 シングルキャブで 左サイドにコンプレッサーが 取り付けてありました
このシステムのパーツを流用して「R134aシステムに変更できないか」 それがスタートです 
配管はフレアージョイントで構成されていました


ドライヤーレシーバー(リキッドタンク)は 銅管で配管してありました




R134aガスシステム / アンダーダッシュ流用Vr /アクアガラージュ仕様

「何をどうすれば正しいのか -確認ー」
R134aガス時の配管


★あきらかにフィッティングナットサイズが違う

★ガスが違う
  ガスの粒子サイズ=R12>R134a
  同じパーツではガス漏れが起こる

★OILが違う
  ✖R12   〇R134a
  そのうち焼きつく
 
 ★交換率が違う
  R12>R134a=R134aはR12より劣るので
  熱交換率の高いマルチフロー管でのサーペタインタイプ
  がサイズ加工に対応できるので


 
 この結果
  R12で流用できるパーツは無いと考えた方が良い


ローダウンしている当車は某社の大きいコンデンサーでなく
当時と同等サイズのものをAGに製作して頂きました
 

R134a用コンデンサーAG特注製作

AG WEB 参照

 
コンデンサー用クーリングファンは当時物より少し小さい
KINOKUNI/SPAL / ミニミニファンを使用
PUSH式を3連取り付け

取付は直に「KINOKUNI/ランマックス/ユニバーサルマウンティングKIT」で取付

少しでも多くの熱を放出する事

走行風の補助・ハウジングが付かない事を考慮すると
現状 効率としては PULLよりPUSHの方が良い と考えます

コンデンサーはアルミチャンネルを加工して取り付けました

コンデンサー・リキッドタンクからの配管は
フロントフード内を通過させ
室内に送りました

アンダーダッシュタイプの吹き出し口を使いたかったので
仕方なく今回は流用
エバポレーターだけは洗浄後 
R134aフレアータイプ膨張弁+変換アダプター
=Oリング仕様に変更

パーツのジョイント時に お薦めなのがこちら
”スニソオイル”
グリス・OIL はNGです
エアコン専用のOILを使いましょう

ガスの違いを把握し 
R134a用コンプレーサーを選びます
多くのメーカーから販売されています
中華製パーツの精度に疑問を持っていましたので
信用のおける 日本製を選びました
選んだのは
チャージバルブ無のユニクラ製UP90
チャージバルブはフィッティングに溶接して頂く事になる

低圧側 ・ 高圧側 共にフィッテイングにチャージバルブが
付けられています
元々フィッテイングにはチャージバルブは付いていません
全て加工されたものです

他  ドライヤー(リキッドタンク) 新品
   アンダーダッシュコントロールユニット 新品

   日本で唯一ユニクラ製を正規で扱っている
   「アクアガラージュ」
にて揃えて頂きました

    AG WEB 参照

コンプレッサーの固定スタンドを探したのですが
日本では流通していませんでした

アメリカの物を購入・・・理由は・・・
当車はツインキャブなのでオルタネーター横にスペースがある
① 無理やり左サイドに付ける必要が無い
② コンプレッサーが水平に置ける

   しかしながらこのパーツにも問題点は あります

③ テンショナープーリが無い
   テンショナープーリー自体も希少なパーツです
   これも「アクアガラージュ」で用意していただきました
    プーリーブラケットはAGにて特注製作

④ コンプレッサーの取り付けベースがUP90に合わない

   
UP90を固定する取り付けベースをAGにて特注製作
   組み上げると写真の様になります
   
   予期せぬ問題が発生しました
    リヤフードにわずかに干渉しています!

プーリーブラケット付きの少し下げたものを特注製作
これで干渉しなくなりました

結局コンプレッサースタンド1式を特注製作した事にりました

図面がありますので
販売始めました 詳しくはコチラ

最終のR134aのガスチャージ
ここでも注意点が必要です
ビートルなどのRR車はエバポレーターまでの距離が
FF車・FR車に比べ長くなります 
ガス圧はゲージで計測でき規定値を合わせれば良いですが
OILはあらかじめ増量が必要です
ホース長さを考慮し
UP90の規定値に対し通常より増しで注入します





配管を順に追いかけると下写真の様になります

 ※コルゲートチューブで保護する事は必須です

   R12時のアンダーダッシュを利用した
   R134aへの変更作業が終了しました

   室内ユニットを綺麗に清掃し
   以前のスタイルが守られています
 

R134aガスシステム / アンダーダッシュ流用Vr 膨張弁 改 / エバポレーターをどうするか


上記画像使用部品 / 提供 アクアガラージュ

上記画像のエバポレーターは < R12用 > です
R134aと構造が異なります

本来はエバポレーターを新規にR134aに製作する必要性があります
今回は膨張弁=エキスパンションバルブ側のみ 溶接加工を行い OリングR134a膨張弁に変更 致しました

完璧にR134a仕様にする場合には 以下の様な変更が必要です

① AG仕様特注 R134a膨張弁
② 溶接用NUT類         
③ エバポレーター 新規製作

エバポレーターを外注で製作する場合の注意点!!
膨張弁ですが 製作するメーカーでさえ どの様な構造のタイプを取付しなければならないのか?
ノウハウを保有しておりません  そのため 
アクアガラージュで部品の選択を行い製造して頂いております
外注 = 正しいエバポレーターが完成する訳ではありません!!

費用 ¥66,000円(税別) ~


R134aガスシステム / ダクト式スペシャルVr /アクアガラージュ+ジール仕様




エバポレーター及び吹き出し口の変更  ・・・FULL SPEC R134a・・・
フルスペックで R134a仕様に!! 
アンダーダッシュ式エバポレーターをR134a専用のものに作り変えようか?
そんな折 「アクアガラージュ」にユニクラ社から連絡が入り ダクトタイプの供給が可能になりました
アンダーダッシュのエバポレーターを製作するのでは無く もともとR134aの ダクト式スペシャルを作る事にしました
・・・・その工程です・・・・・・

  ダクト式は本体にダクトホース(付属4.5m)を取付け 送風します
これで 
エバポレーターもR134a専用 です
ですが ダクト先端の吹き出し口をどうするか
考えねばなりません

海外などには 吹き出しベントを単体で販売している
ショップがあります

今回チョイスしたのは 日本車(軽四)の吹き出し口です
 
付属ホースを差し込んだ写真です

   今回 使用する ベントです

   
ダクトとベントをつなぐソケットを製作します
汎用品ではありません


  つないだ様子です
簡単なパーツですが重要です


木型でイメージをします
この写真は助手席側ですが 
センター・運転席側もイメージを作ります
  イメージが出来ると採寸してイメージを図面化します
ベント ・ 1DINデッキ綺麗にも収まる様に
又  後々の取り付けパーツを想定して
デザインします


   
イメージ通りのものが仕上がってきました
サフェーサで下地を作ったものです
吹き出し口を回転させる為の細工もしてあります


   BODYと同色に塗装しました
   
付属してくる新品のスイッチ類の組み込みです
コントロールユニットはセパレートタイプですので
自身でパネルを設ける必要があります
温度センサーはソケットに差しました
ダクトホースに穴をあけると破けの原因になりそう
なので ソケット部に穴を空け挿入
します

  センターベントフェイスの右上が
ステアリング固定ボルトに干渉します
現物合わせで削る予定です

   
干渉しない様 削ります
あらかじめ 削る事を考えて 肉厚を盛ってあります
  吹き出し口が付いたので
本体の位置決め
足元のスペースを考え 決めます


 
位置が決まったら付属の取り付け金物を固定
鉄板が薄いので ナッターを使用して止めました


  自分の好みで1DINは付けています
おおよそ形になってきました


   
ダクトの取り回しには タイラップを使い
視界に入り難く 邪魔にならない様 留めます
 
  助手席側 完成 です
座った時の膝に余裕を持たせる事ができました


 
センター部にコントロールユニット
クラッチカットスイッチ ・ 1DIN を埋込
 
  運転席側
空燃比計埋込

遂に完成です

一つづつ進めてきた結果
世界に1台のユニットが出来上がりました
助手席に乗る人には「快適」の言葉を頂きました 
最高の賞賛です

2020/09/23 現在 アイドルアップ取付を完了しております
アイドルアップに関する内容は AG WEB に 掲載しております 





Copyright(C)2017.All right reserved by ZEAL