|会社案内  |取扱い商品 |取付事例  |1972VW TYPE1  |問い合わせ  

燃料ポンプ / フューエルフィルター / フューエルライン

カドロンSOLEXツインキャブにした際 燃料ポンプにFACET/エレクトロフューエルポンプを選び 使用していました
約5年程使用し ポンプ自体からガソリンが滲み 新し燃料ポンプをどうしようか?
AGに相談しました


-AGからお聞きした事- 
キャブレター車輌の場合 燃圧で考えるのではなく 吐出量で動かしていると考えてください
現状 世界中で使用可能な燃料ポンプは 亀有エンジンワークス社が新たに生産した 外観上はNISMOタイプ 中身は ミツバタイプ
これしかありません

フューエルラインに関しても  
レイトタイプのVWビートルの燃料ラインが φ6㎜で構成されているのなら
ツインキャブ化した場合 シングルキャブよりも 多くの燃料を送る必要があります
その為φ8㎜に交換が必要です


お話を聞かせて頂き   ミツバタイプ燃料ポンプを購入 
ポンプ交換の際フューエルラインも 見直しました


外観上はNISMOタイプ 性能はミツバ同等品 / ミツバ製品 FP-323 と同じ吐出量で生産されております




φ6からφ8へ タップ・ニップルの交換をしました
通常 フューエルタップにフィルターを取り付けるのですが フィルターに溜まったゴミがどれ程なのか視認が出来ないので
この場所にはフィルターを付けず外部ラインにフィルターを付けました 



フィルター品番 AY505-NS014
フィルターブラケットは
AG製品 / WEB価格 ¥1,000円(税別) 通常 ¥2,000円(税別)
燃料パイプは 外径8mmと言うタイプに必ず変更して下さい
ビートル用に販売されているフィルターの固定方法は特になく タイラップで固定したり 固定せずに使っておられる方が多いようですが
ブラケットがあれば 確実に固定できます

燃料ポンプ / フューエルフィルター / フューエルライン / 施工







 


Copyright(C)2017.All right reserved by ZEAL