点火系 

ビートルにおける点火系
イグニッションコイル / ディストリビュータ / イグニッションワイヤー(プラグコード) /プラグ
このバランスを以下にとるのか ?  ディストリビューターを中心に考えていくと
全てに相互関係が生まれます


    123tune 装着編   123tune+(プラス)

ディストリビュータ / 123tune装着説明 (注 123ignitionとはセッティングが違います)

ディストリビューターでオーソドックスなのはBOSCH
ビートルは元々シングルキャブのバキューム付き
その中でバキューム無しの 009 が人気ですね  私も使用していました

バキューム進角の有の場合 負圧を利用した進角と機械式進角(ガバナー進角)とを併用
「ガツン」とアクセルを踏み込んだ時に 負圧が急激に変化する ので補正してくれる
無い場合は機械式のみと言う事になる
「ガツン」と踏んだ時は補正無しで進角していく

研究者でない 私には どちらが良いか 判断はつきません
他 ポイントレスへの変更 MSD・Pertronixデスビでの強化?など 何が良くて何が悪いのか
判断はつきません

しかしながら 偶然な事に 123tuneデスビを知り 手に入れる事となりました

123tuneデスビの特徴
 ●ポイントレスなのでメンテナンスフリー
 ●内部に信号が入っておりミニUSBでPCとつないぎ 回転数に合わせ 進角を個別設定できます
 ●デスビの温度管理・電流電圧確認・レブ設定ができます

 ●バキューム進角の併用も出来ます
 
特記
 ●ポイント式とは違い 精密機器の寿命期間は最大でも おおむね10年が寿命とお考え下さい
  不調を感じた場合 速やかに新品に交換ください
  走行中に不動となります お気をつけください

 
BOSCHなどガバナー式での進角は本体を回転させて行うのですが 曲線形状自体を変更する事は出来きません
この機会に試して見ない手はない


  ■123tune本体    
見た目は旧車のデスビと大差ありません
123ignitionと類似する点はありますが
中味は別物です
まずは123tuneを使用するにあたっての特記事項です

精密機器である事
劇的に何かが大幅に変わる事はありません
周辺機器とのマッチングが何より重要

上記 記載内容を前提に
以下 ご説明します

  ■プラグコードのマッチングについて  
  お薦めは
永井電子社製品
ULTRAシリンコンパワープラグコード


低抵抗プラグコードはイリジュームプラグ専用品です
色が、赤・グレーでも低抵抗コードがあります
気を付けましょう
普通のシリコン・コードを必ずお使い下さい

  ■プラグとのマッチングについて

    旧車と相性が良いのは 永井電子スタンダード抵抗である シリコンパワープラグコードと123tune
    NGKR/BPR6HSや5HSなど 走りとエンジンに合わせて選びましょう
    イリジウムは必要ありません    

  ■開発者が推奨しているイグニッション・コイル(1次抵抗1.0Ω以上のもの)
 
Pertronix/Flame-Thrower
初期抵抗が1,5Ω(オ-ム) 2次抵抗 3,5Ω
開磁型イグニッションコイル
FLAT4で購入できます
 永井電子専用
イグニッション・コイル#9535-00

初期抵抗が1Ω(オ-ム)Primary resistance
閉磁型コイルの場合、2次抵抗の数値はありません
(永井電子)


  
  ★永井電子社製品 閉磁式コイルでも
   「アクアガラージュ」にてマッチングテストを行い
   開発者からも合格=OK の認証を頂いております
   どちらも調子よく動くのですが 閉時式の方が尚
   良いマッチングです

イグニッションコイル

123tuneディストリビューター

プラグコード

プラグ

上記の相互関係で安定したスパークを生み出します

まだ確認事項があります

  ■通電確認及びLED点灯確認(重要)  
デスビ本体を車輌に取付する、取付しないに係わらず
LEDの点灯確認作業を必ず行って下さい
現品確認は必要不可欠です
電子制御プログラムデスビ「tune」での確認作業
本体から出ている配線の 赤(プラス)を バッテリーのプラスに
配線の 青(アース)を バッテリーのマイナスに繋ぐ
確認では 黄色・黒はつなぐ必要ありません
左写真の緑枠の中が LED確認用のインジケーターです

この状態で、ローターを左右のどちらかに、少しずつ回転させます
回転させると左下写真の様にLEDが点灯します

LEDが点灯したら、商品の初期不良はありません



※上記は商品到着後に初期不良が無いという事の確認
となります

簡素に説明しますがマニュアルに沿って
装着して下さい

(※マニュアル抜粋)
1.イグニッションをオフにして、エンジンを1番上死点に合せてから
 古いディストリビューターを外します

2. マウントユニットへ、
  クランクケース取り付け部に確実にはめ込みます
  123デスビは360°回転させることができるのでバキュームニップルとケーブルが便利
  な位置を決め、固定します

3. マニュアルの適切な配線図に従い、赤(プラス) 青(アース)をつなぐ、まだ黒線の接続しません
  この時点で黒線を接続させると回路にエラーがでます

4.イグニッションをオンにします。
  タイミングLEDは、アルミディスクの4つの穴のいずれかで光ります
  LEDが消えるまで、本体を回転させます
  その後LED点灯するまで本体をゆっくり見つけた方向と逆側にLEDが点灯するまで回転させます
  次にローターを押し込み確実にはめ込んで下さい
  その後しっかりと123tuneを固定し 一度イグニッションをオフに

5. コイルに黒線を接続
  コイルマイナス側に黒線を確実に接続ください
  次にプラグコードを接続します
  負圧進角が必要な方はバキュームチューブをまだ接続しないでください

6.ミニUSBでPCとつなぐ
  取り付けが終わると セッティングの開始です
  ソフトは無料ダウンロードできます
  PCに事前に進角曲線を書き込んでおきます(今回は装着のみの説明です)
 

7.ここで、イグニッションをオンにし 進角曲線を123tuneに読み込ませます
  読み込みが終われば エンジンを始動することができます
  
  [重要注意事項]
  エンジンをかけ アイドリングの状態でPC上の数値と実際の進角が合っている事を
  確認します。 ・・・決して自動補正するものではありません・・・
  ズレている場合は手動で本体を進角・遅角に振り合わせます。
  この作業は個体差の修正で、  初期設定時以外は必要ありません

  進角数値が正しければ、123tuneのバキュームニップルにバキュームチューブを取り付ける
  事ができます。

8.黄色線
  123tuneでは2回路のセッテイングが可能です
  その為 切り替えの電気信号を与えるスイッチングが必要になり トグルスイッチなどで対応してください
  今回 1回路でのセッテイングにしましたので 黄色線はつないでおりません 
  以上で走り出せますが 最初は仮データでのセッティングでしかないので
  最初からエンジンが調子良く回る事は期待できません

  セッティングが自由であるがゆえに 完調にするまでには時間がかかります
  迷路に入る事もありますが 完調になれば 自分好みの特性を引出す事も出来
  排気音がシャープになります
  
  ZEALでは123tuneの性能により クーラーを効かしてもエンジンストールなんて ありません
 




取付当初写真    開発者推奨の
開磁型イグニッションコイルを付けております

現在123tuneでは無く123tune+(プラス)を搭載し
アクアガラージュ(AG)推奨の閉磁型イグニッションコイルに変更してあります
閉磁型コイルの方が123tuneにはマッチングが良いコイルとなります
AGの開発段階で123を開発した博士に実物のコイルを送付し確認して頂いた 推奨コイルとなります

精密電子機器には必ず閉磁型コイルを使用してください

尚 閉磁式コイルのビートル用金物は存在しません
ナッターとスリーブで取り付けております




 
123tune PC設定画面(参考例)
※参考ですのでこのデーターを入力しても
セッティングはでません


別途説明しますが
現在 デスビは123tune+が搭載されています

123tuneがPC接続での設定に対し
123true+とは ブルートゥースにより
スマートフォンで設定出来るものです

※参考ですのでこのデーターを入力しても
セッティングはでません