|会社案内  |取扱い商品 |取付事例  |1972VW TYPE1  |問い合わせ  

1972VW Type1(内装)


ビートルにおける内装はあくまで当時仕様であり 現行車両の様にはなっていません

しかし 快適街乗り仕様にするには チューンとは全く別の角度から見直す必要があります



ウインドー / クーラー保温強化及び室内劣化防止

 
最近の車には標準装備とされているUVカットガラスですが
ビートルのガラス類には その様な機能が付いていません

透明の車検対応商品も多数あります
シートなどの紫外線劣化を防ぐ、そして室温変化を緩和する為
フロントガラスにも施工しました

幸いビートルは高年式以外はフラットガラス
とても貼やすいです
貼るべきアイテムだと考えます

リアはハーフミラーを3分割で貼りました
1枚貼にチャレンジしましたが両サイドのRがキツく ヒートガンでいくら熱しても
型を取る事が出来ませんでした  失敗です
(プロなら可能なのでしょう)

サイドウインドーも全て貼り込みました
よくある運転中の腕の右焼け(右ハンドルですので)が軽減
開けるよりも閉めている方が 肌焼けを感じません



紫外線計測装置を持っていたので
数値を計りました

外側 78
内側 0

この違いや 内装パネルのしつらえにより
「少しでもビートルの保温が改善されれば」と考えます

フロント ドアパネル


フロントパネルを以前 適当に作り 小さいスピーカーを付けていました
しかし 痛んできましたので 貼直しです
その際 スピーカーも変更しました
キックパネルに埋め込む方法もありますが ドアに取付け 尚且つ 
取り外しが可能な様にしました

ベースは木板を 仕上げは合成レザーを 使用しました

スピーカーグリルは ビビリ音を少しでも抑えるよう固定式と致しました
合成レザーを巻き込み仕上げています 


夏場のクーラー・冬場のヒーターが少しでも効果が上がるよう 
クッション材で厚みを付けました

黒い部分と 赤い部分は厚みを変えています
黒い部分を厚くすると ウインドクランクは回らないからです

リアサイドパネルも 同色で仕上げました

リア ラゲッジスペース


リアのラゲッジスペースはスピーカーBOX化です
少しでも室内が静かになるよう まず遮音シートを貼り込みます 

その上でコンパネでBOXを製作します

今回はパイオニアのウーファーを埋込みますので古墳の様な本体の形に合わせ
カバーを切り抜きました

音にこだわる程ではないのですが 絞まった音や雑音低減になればと防音材を
内部に貼り込みました

スピーカー部の仕上げは枠を製作しサランネットで覆いました

他ベースカバーはクッション材+合成レザーです

フロント・リアの 4スピーカー+ウーファーで 音の幅が膨らみ 楽しんでおります

エンジン音の室内反響も少し低減はされましたが 静音とはなりませんでした

リア シートカバー


レザーがボロボロに破けてしまったリアシートです
クッション自体は 何とか使えそうです
合成レザーは多めに購入してあるので カバー製作を試みました


カラーリングと簡単な縫製を考慮して 製作を開始しました

型を取りデザインを決めたら縫製します
クッション付き合成レザーを両面テープで押さえます
家庭用ミシンで縫製を掛けたのですが折り返し部はギリギリで
あまり折り返し回数が多いと縫えないようです
カバーの止めは ハトメを打って引っ張りました

背もたれの部分はトラック用ゴムとS管で引っ張りました
シート部はバッテリーとの干渉も考えタイラップで引っ張る様にしました
白かった内装が徐々に黒赤ツートンカラーに変化してきました

天井 張替


天井はとても酷い状態で 乗っていました
張り替えます
剥がしてみると室内が粉まみれに
スポンジの劣化で酷い事にまっていました
しかもこのシートが1枚だけです
ルーフからの熱をほぼ直に受けている様なもの
マルエヌ製キャンバストップは仕方が無いとはいえ 改善です
1972年式は何故か周囲のフレームが剥き出しです



まず始めに 剥き出しのルーフに
保温シートを貼り込みます


天井用の合成レザーはスポンジがあらかじめ貼り込んであるものを選びました

型を取り両面テープで仮押さえ
真ん中はキャンバストップ用の開口になります 



左右を押さえる為の 返しを付けます
垂れ止めのステイ受けも 縫製します
ステイはFLAT4社で購入しました



仮押さえです 

一人作業での天井作業なのでベニヤ板を使って
押さえていきました

 
完成です
保温効果がUPしました
検証済です 




Copyright(C)2017.All right reserved by ZEAL