|会社案内  |取扱い商品 |取付事例  |1972VW TYPE1  |問い合わせ  

1972VW Type1(内装)

油圧計と油温計(VDO)


上が油圧計で 下が油温計 VDO製 です 
油圧計:
 
Haynes抜粋の説明
 2500 rpm 時 2.0Kg/㎠※通常作動温度での最低限度値
  
PSI: 1Kgf/㎠=14.223psi → 2.0Kgf/㎤=28.446psi ※公式
 
油温計:
 
℉(華氏)と℃(摂氏)表示
 
℉=9/5℃+32 ℃=5/9(℉-32) ※公式
0℉=-17.8℃ なので取り付けしているVDOの目盛りは (150℉=65.6℃)スタート
  OIL劣化温度が100~120℃とすれば212℉~248℉くらいが目一杯となります
  最適温度が90℃くらい となれば 194℉くらいを目安にすれば良いのでしょう





使用OIL GALF;BLAZE(鉱物油)
鉱物油 100%
エンジンを一度開けていて ゴム系はシリコン系に変更しているのですが 指示をして組んで頂いた訳ではいので 何らかのパーツにゴム製品が使われている可能性があります
とするなら 化学合成では浸食劣化を起こしてしまうからです
リスク回避ということで ZEALは鉱物油を使用しています

オイルの劣化は酸素に触れた時点がスタートだと AG に教えて頂きました


油圧計と油温計(PIVOT/CYBER GAUGE)


   

VDO製から PIVOT製CYBER GAUGEへと
変更しました

VDOの 52㎜に対し PIVOT製は65㎜となります

サイズが大きくなるため取付位置の移動をしました

ステレオの穴を使って取付たいのですが 埋め込む為に穴を広げ
余分な空間を塞ぐ様にします 

樹脂造形で専用のカバーを製作しました
左にズラしているのは ステアリングの陰になり視認性の良い位置に収める為です
左が油圧計で 右が油温計 です
油圧計: x100kPa表示
油温計: 摂氏表示(℃)
日本のメーカー様で信用性もあり
LED自光式 サイズ拡大となり 視認性もあがりました

2020/09現在 生産終了となっております

専用のセンサーユニットが必要です 
 
PIVOT専用アダプターを日本企業様で製作致しました
後に判明したのですが変換アダプターを取り付ければ
VDOアダプターからPIVOT用に変更できました






タコメーター


タコメーター:PIVOT製 CHRONOSTEP
以前までVDOを使っていましたが 古くなったのか?精度が悪く
ビンテージ感のある クロノステップに変更しました
精度は良く 見た感じもレトロ感があり 視認性も良いです

PIVOT HP https://pivotjp.com/product/csg/
写真の様に埋め込むには多少 加工が必要になります。












スピードメーター


タコメーターが自光式となり 以前から照度が低いと感じているスピードメーターを

自光式に加工しました

メーターは 一度分解し
 
文字盤シート製作:Type1 1972の文字入れ

発光文字盤加工:ELシート加工により常時点灯

LED加工:自光式針加工を施しています


とても見やすくなりました

夜の点灯時です 

LED/EL加工の過程をYouTubeにUPしています(加工は自己責任です)







Copyright(C)2017.All right reserved by ZEAL